042-572-8581
受付時間:平日9:00〜16:30

治療が終わったらそれで完結
ということではなく、
むしろこの時点から
医院の責任が始まると 考えています。

下記のような症状及び経緯がおありの場合は、恐れ入りますが治療を一旦中止して頂き、以下にご相談下さい。

  • 咳、発熱その他風邪の症状が強い
  • 強い倦怠感や息苦しさ、嗅覚、味覚の異常がある

このような症状その他、ご心配な症状がおありの場合はかかりつけの先生にご相談下さい。

かかりつけの先生がいらっしゃらない場合や近所で受け入れてくれる病院がない場合、初診からオンライン診療をして下さる病院もあります。

症状がない場合でも、以下の経緯がある方は、ご自宅待機の上、帰国者・接触者センターにご相談下さい。

  • 新型肺炎陽性、もしくは陽性が疑われる方と接触があった
  • 2週間以内に外国から帰国した

↓各都道府県にも相談センターがあります

帰国者・接触者相談センター
TEL 0120-565653

東京都新型コロナウィルス感染症電話相談窓口
TEL 0570-550571

※受付時間 いずれも平日9時〜21時まで(土日祝を含む)

↓こちらもご覧ください。
当院の感染防止への取組み

このように、普段より感染防止には万全の注意を払っておりますが、今回の緊急事態宣言を受け、医療用ゴーグル、フェイスガードの着用と受付用仕切りの設置を追加しました。

スタッフを感染から守ることが患者様お一人お一人を守ることになりますので、ご理解・ご協力をお願い申しあげます。

ご来院の患者様へ

  • クリニック入口にご用意したアルコールでの手指消毒をお願い致します。
  • マスクの着用をお願い致します。
  • 感染予防に関する事前問診へのご協力をお願い致します。
  • 咳やくしゃみの際は、マスク、ティッシュ、ハンカチ、袖などで鼻と口を覆って頂けますようお願い致します。

お知らせ

勤務医募集

木・日・夜間のアルバイト可。
面接・医院見学は7月1日以降となります。
詳細は以下にお問い合わせください。
clinic★shimoji-shika.page
※★を@に変えて送信してください

2020.6.22

キャッシュレス決済を開始しました。

2020.4.1

東京・大阪1日セミナーはオンライン講義に変更予定です。
詳細は5月にお知らせ致します。

2020.1.10

セミナーページにて
2020年度の申し込み受付を開始しました。

2020.1.6

「歯の移植・再植 -これから始めるために-」
中国語翻訳版が出版されました

2019.5.28

東北大学歯学部同窓会卒後研修会における当院院長の講演録音を一部公開しました
音声を聞く(セミナーページへ)

2019.3.1

当院院長 下地勲著の
「歯の移植・再植」(2016年.医歯薬出版)が
韓国で出版された「入門 自家歯牙移植」、
「歯根膜による再生治療」に続き、
今年中国で翻訳出版されることになりました。

診療理念

なるべく歯を抜かない

 歯の神経(歯髄)をとると歯が割れやすくなり、抜歯に至るなど、大きな問題が生じやすくなります。しかし虫歯が歯髄近くまで進行すると神経(歯髄)をとらなくてはならなくなります。当医院ではかなり深い虫歯でもIPCという方法で積極的に歯髄を保存し、歯の寿命をのばすことに努力しています。

なるべく神経を取らない

 1本でも歯を抜くと大幅に咀嚼能率がおちたり、周辺の歯や向かい合っている歯が動いてくるなどの問題が生じてきます。重症の虫歯や歯周病の歯でもなるべく抜かないで、矯正的挺出処置、歯周治療などを活用して保存に努力しています。1本の歯を懸命に守ることが、全体の歯を守ることにもつながります。

アクセス

中央線を利用する方法

国立からお越しの方は
本数が多いのでバスの利用が便利です

  1. 国立駅南口下車、改札を出て左手にバス停。
  2. バス乗り場4番(立川バス)または3番(京王バス)で乗車、バス停4つ目「第一団地前」で下車。
  3. バス停より徒歩1分の「グルメシティ」向かいの3階建てビルです。

南武線を利用する方法

  1. 谷保駅下車、改札(一つです)を出て右手に回り、さらに右側の階段を降ります。
  2. 徒歩約3分です。

診察時間と休診日

診察
時間
09:00
~
13:00
14:30
~
17:30

休診日:木曜・日曜・祝祭日 
☆祝日のある週の木曜午前は診察

国立の歩道橋